男性にもある更年期障害

MENU

男性にもある更年期障害

男性の更年期障害

更年期障害と聞くと女性だけの問題だと思われがちですが、実は男性にも更年期障害はあります。

女性の場合、更年期に差し掛かることで次第に閉経し、それに伴って女性ホルモン(エストロゲン)のバランスが乱れることにより起こるのが更年期障害です。

 

もちろん男性も、更年期になるに連れて男性ホルモンは減少していきます。
関わってくるホルモンは女性とは異なり、テストステロンという男性ホルモンのバランスが乱れ、更年期障害と呼ばれる症状が発生します。
更年期障害とは、性別に関わらず加齢によって身体に起こる不調と考えても良いでしょう。

 

症状も、めまい、頭痛、ほてりやのぼせ、イライラといった女性と同じようなものが多いです。
その中の一つの症状だけが激しく現れる人もいれば、いくつもの症状が同時に現れる人もいます。
その他、しびれや肩こり、発汗、食欲不振などを感じる人もいます。
それに加えて男性特有の症状である勃起不全や精力減衰なども見られます。

 

また精神的な面で症状が出てしまう方も多く、更年期の鬱病と診断される方も見られます。
(→更年期の鬱病にかかってしまったとおるさんの体験談

 

目立たないからこそ気を付けたい男性更年期障害

 

 

男性の更年期障害は女性の場合と違って目立たないことが多いです。
女性に比べて男性の更年期障害が話題にならないのは、女性の場合に比べて発症する年齢に個人差があるためです。

 

女性に起こる更年期障害は閉経の前後5年と言われており、大概が50歳頃となります。
一方で男性の場合、テストステロンの活動が衰える時期が個人差によってバラつきが大きく、30代で衰え始める人もいれば、70歳でも30代並みにテストステロンを分泌している人もいます。
テレビなどでよく元気に長生きしているおじいさんが紹介されたりしますが、そのような方はテストステロンがまだまだ分泌されている可能性は高いでしょう。

 

このような理由から、男性において「更年期」と呼ばれる年代を特定するのが難しく、症状があっても単なる体調不良と考える人が多いのです。
うつ病などと扱われることも少なくありません。

 

理解されないつらさ

 

男性にも更年期障害がある、ということが認知されていないこともあり、更年期障害の症状が現れていても、「単なる体調の問題」、「怠けているのではないか」などと片付けられてしまい、深刻化してしまうケースもあります。
うつ病も理解されにくいということが社会的な問題として扱われていますが、それと似ているところがあるとも言えるでしょう。

 

男性の更年期障害は、女性よりもさらに周囲の理解が得られにくいという問題があります。

更年期サプリ

「もしかして?」と思ったら「何とかなる」と放置するのではなく、積極的に病院のカウンセリングやサプリメントなどを利用して、快適な生活を取り戻してみるほうが前向きで効果的かもしれません。

 

当サイトでも更年期紹介のサプリメントを紹介しているので是非参考にしてみてください。
更年期障害のサプリメントは多くが女性向けのものですが、症状に効くとされているものや男性にも有効と言われる成分が含まれているもの存在します。
是非いろいろ比較しながら、自分に適した、あるいはご夫婦に適したサプリメントを試してみてください。