男性にもある更年期障害

MENU

男性にもある更年期障害

男性の更年期障害

更年期障害と聞くと女性だけの問題だと思われがちですが、実は男性にも更年期障害はあります。

女性の場合、閉経が近づき更年期に差し掛かることで、それに伴って女性ホルモン(エストロゲン)が減少しホルモンのバランスが乱れることにより起こるのが更年期障害です。

 

男性の場合は女性より少し遅く50代の後半くらいから徐々に男性ホルモンが減少してきます。

 

影響するホルモンは女性とは異なり、テストステロンという男性ホルモンになります。
このテストロゲンが減少することで起きてくる様々な体の変化が男性の更年期障害です。

 

 

男性の更年期障害の症状

男性の更年期の場合の症状は、精神的症状、身体的症状、性機能的症状などがあります。
男性特有のものもありますが、女性の更年期の症状と同じようなものもたくさんあります。

 

 

精神的症状 うつ症状、不安感、気分の落ち込み、イライラが止まらない、興奮しやすい、不眠、熟睡できない、気力低下、判断力の低下など
身体的症状 筋肉痛、関節痛、肩凝り、腰痛、背中の痛み、脱毛、ドライアイ、皮膚の乾燥、喉の渇き、口の渇き、多汗、ホットフラッシュ、のぼせ、耳鳴り、めまい、動悸など
性機能的症状 勃起障害(ED)、性欲の低下など

 

以上のような症状が主なものですが、特に性生活についての悩みが多いのが男性の更年期の特徴です。
この場合は「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」という病名で診断されることもあります。

 

また精神的な面で症状が出てしまう方も非常に多く、更年期の鬱病と診断される方も見られます。
(→更年期の鬱病にかかってしまったとおるさんの体験談

 

終わりがない男性の更年期

男性ホルモンの減少

女性の更年期障害は閉経の前後で起き、ホルモンバランスが落ち着くと更年期障害も落ち着き更年期は終わりを告げますが、男性の更年期の場合は終わりがありません
男性ホルモンは50代の後半から減少し始め、その後もどんどんと減少していきます。

 

また閉経の前後というように「この時から」というのもないため、60代、70代で更年期の症状が出てしまう場合もあります。

 

 

男性の更年期障害は何科を受診すればいいのか?

病院は何科?

女性の更年期は婦人科を受診するのが一般的ですが、男性の場合は何かを受診すればいいのでしょうか?

 

男性が更年期を疑って受診をする際は、「泌尿器科」が一般的です。
(男性の更年期の外来もありますが数は少なく全国的にはまだまだあまり受診できる病院はありません。)

 

ここで男性ホルモンの値を検査しその数値がひとつの指標になります。
ただ男性ホルモンの値はもともと個人差があるので、これに加えて問診を行い判断することになります。

 

病院での治療方法は?

HRT注射

男性の場合もホルモン補充療法(HRT)を受けることができます。

 

男性ホルモンであるテストステロンを2週間から3週間に1回筋肉に注射をするという方法がよく取られています。

 

またうつ状態がかなりひどい場合は心療内科を紹介され「抗うつ剤」や「安定剤」などを処方してもらうことも可能です。

 

生活習慣の改善で男性ホルモンを回復させる

 

男性ホルモンは生活習慣の改善でも回復が期待できます。

 

たとえば食事ですが、赤みの肉、たまねぎ、牡蠣などは男性ホルモンを増加させる食べ物だと言われています。

 

またしっかりと運動をすることも大切です。
身体を動かし筋肉を付けることで男性ホルモンの減少をストップさせることも可能です。

 

 

目立たないからこそ気を付けたい男性更年期障害

 

 

男性の更年期障害は女性の場合と違って目立たないことが多いです。
女性に比べて男性の更年期障害が話題にならないのは、女性の場合に比べて発症する年齢に個人差があるためです。

 

女性に起こる更年期障害は閉経の前後5年と言われており、大概が50歳頃となります。
一方で男性の場合、テストステロンの活動が衰える時期が個人差によってバラつきが大きく、30代で衰え始める人もいれば、70歳でも30代並みにテストステロンを分泌している人もいます。
テレビなどでよく元気に長生きしているおじいさんが紹介されたりしますが、そのような方はテストステロンがまだまだ分泌されている可能性は高いでしょう。

 

このような理由から、男性において「更年期」と呼ばれる年代を特定するのが難しく、症状があっても単なる体調不良と考える人が多いのです。
うつ病などと扱われることも少なくありません。

 

理解されないつらさ

 

男性にも更年期障害がある、ということが認知されていないこともあり、更年期障害の症状が現れていても、「単なる体調の問題」、「怠けているのではないか」などと片付けられてしまい、深刻化してしまうケースもあります。
うつ病も理解されにくいということが社会的な問題として扱われていますが、それと似ているところがあるとも言えるでしょう。

 

男性の更年期障害は、女性よりもさらに周囲の理解が得られにくいという問題があります。

 

「もしかして?」と思ったら「何とかなる」と放置するのではなく、積極的に病院のカウンセリングやサプリメントなどを利用して、快適な生活を取り戻してみるほうが前向きで効果的です。

 

 

特にうつ状態がひどくなってしまうと、会社に通えなくなったり生きがいもなくなってしまうことも多々あります。
状況がひどくならないうちに、是非、専門家に相談されることをおすすめします。

 

男性におすすめの更年期サプリは?

高麗人参のサプリ

女性の場合、更年期のサプリメント成分の代表的なものは、
「大豆イソフラボン(エクオール)」と高麗人参の「サポニン」になります。

 

大豆イソフラボンは減少した女性ホルモンの代わりとなって自律神経の乱れを起こさせないように働き、サポニンはホルモンの減少によって乱れた自律神経を整える働きをします。

 

女性にとってはこの2つの成分は結果としては同じになるのですが、男性の更年期の原因は女性ホルモンの減少が理由ではありませんから、大豆イソフラボンで女性ホルモンを補っても意味がありません。
ですが、高麗人参のサポニンの方であれば、女性ホルモンには関係なく自律神経の調整に働きかけます

 

ですから、男性の更年期の場合は大豆イソフラボン(エクオール)ではなく、高麗人参のサポニン系のサプリメントを選ぶといいでしょう。
高麗人参は4千年も昔から伝わる貴重な漢方薬の素材です。
サポニンだけではなく滋養教祖にもなり、男性の更年期もサポートしてくれると思います。

 

サポニンの更年期サプリについてはこちらで紹介しています
サポニン(高麗人参)の更年期サプリ|おすすめはこれ