ホットフラッシュの原因と対策|困ったホットフラッシュを乗り切る知恵!

MENU

もうやだ・・・本当につらい更年期のホットフラッシュ

更年期のホットフラッシュ

「汗が止まらない・・・。恥ずかしい・・・。どうしたらいいの・・・。」

 

更年期のいろいろな症状の中でも代表的なものが、この「ホットフラッシュ」です。
症状の大小はありますが、多くの更年期の女性が体験しています。

 

私の場合はホットフラッシュについてはそれほどひどくはありませんでしたが、それでもカァーと急に体がほてってきて、なかなか収まらず、汗が噴き出すことはありました。
冬の寒い日でもホットフラッシュが始めると暑くてたまらないので、暖房を勝手に消して家族に「えー」と非難されることも。

 

それでもそれほど頻繁ではありませんでしたが、みなさんの体験談を聞いてみると(→みんなの更年期体験談
ホットフラッシュでかなり悩まされた方もたくさんいらっしゃいます。

 

ここではそんな更年期のホットフラッシュについて解説します。

 

更年期でホットフラッシュが起こる原因

更年期になってホットフラッシュが起こる原因としては、他の更年期の症状と同様で更年期になって体内の女性ホルモンが低下してしまうことが原因です。(→更年期障害の原因
女性ホルモンが低下し自律神経のバランスが崩れると体温や発汗の機能が正常に働かなくなります

 

自律神経って?

 

自律神経とはもともと循環器・消化器・呼吸器などの機関が正常に働くために常に体をコントロールしている神経です。
そしてこの自律神経は活動時に活発に働く「交感神経」と休息時に働く「副交感神経」があります。

 

自律神経の働き

交感神経は
  • 呼吸や心臓の動きを早くする
  • 血管の収縮させる
  • 血圧を上昇させる
  • 胃腸の働きを抑える

という働きをし、

 

副交感神経は

  • 呼吸や心臓の動きを遅くする
  • 血管を広げる
  • 血圧を下げる
  • 胃腸の働きを活発にする

というような働きをします。

 

この2つの神経が交互に作用することによって、正常なら暑い時に汗を出してくれるはずなのですが、これが正常に働かないと暑くもないのに汗をかいたり、突然体が熱くなったりしてしまうのです。
これがホットフラッシュの原因です。
(※自律神経失調症も同様の仕組みです。)

 

このようにホルモンバランスの崩れは、体内に様々な障害を与えてしまいます。

 

 

これによって、突然にカァーと体が熱くなったり、汗が噴き出して止まらなくなったり、のぼせてしまったりしてしまうのです。

 

また自律神経はホルモンバランスの崩れだけではなく、ストレスによっても乱れます。
ですのでストレスを抱えているとホットフラッシュはさらに悪化する傾向にあります

 

 

ホットフラッシュの症状

ホットフラッシュは

 

  • 大量の汗が突然に噴き出してくる
  • 気温や室温に関係なくカァーと熱くなりほてる
  • 長湯をした後のように頭が熱くなりのぼせる

 

といった症状が起こります。

 

大量の汗が突然に噴き出してくる

ホットフラッシュによる汗

ホットフラッシュで起こる大量の汗は、主に上半身に出ます

首回り、頭、胸、背中、ワキ、などから、前触れもなくいきなり吹き出してきます。

 

この汗は汗ばんだというレベルのものではなく、噴き出してくるような汗です。
夏に激しい運動をした後に出てくる、拭いても拭いても何度も拭く出してくるような汗と同じです。

 

この汗は5分以内で収まる人が一般的ですが、長い時は10分〜30分くらい汗が出続けることもあるようです。

 

そしてハンドタオルでは拭き取れないくらいの量の汗が出る方もたくさんいます。

 

「汗くらいならまあいいかなあ・・」と思いがちですが、自宅で過ごせる方はいいのですが、会社などに通っている方にとってはこのホットフラッシュは大問題です。
全く周りの人は暑くないのに、自分だけ汗をかいている、
脇汗がびっしょりと染みになってしまっている、
顔からも汗が出るのでお化粧がひどく崩れる、

 

など、ただでさえ「おばさん」などという揶揄に傷つきやすい私たちです。
一人だけ大量の汗をかいている姿は恥ずかしくて辛いものです。

 

 

また寒い冬でも汗をかいてしまうため、その後体が冷えてしまい風邪をひきやすくなる方も多くいます。

 

加えて、深夜、睡眠時にホットフラッシュで汗をかいてしまう人もいます
急に暑くなり、汗が吹き出しますから、当然寝ていることはできません。
この就寝時の多汗により、不眠になりさらに体調を壊すケースも多々あります。

 

このホットフラッシュの汗が出る頻度は個人差はありますが、週に1回程度の方もいますし、
昼夜を問わず1日に10回以上という何度も何度も起きてしまう方もいます。
このくらいの頻度で頻繁に起こってしまうと日常生活もままならないでしょう。

 

汗の量も個人差がありますが、タオル1枚では全く足らないという人や、汗をかきすぎて痩せるんじゃないか?(あまりうれしくないダイエットですが・・)と思ってしまうくらいの方もたくさんいます。

 

気温や室温に関係なくカァーと熱くなりほてる

汗が出るまではいかないが体が熱くなるというのは、更年期の女性の多くが経験しています。
この症状はそれほど長い時間続くわけではないので、たまたまなのかな?と思って気が付かない方も多いようです。

 

夏でもないのに、体がほてってるな。
風邪でもひいてしまったかな。

 

そのくらいに感じることも多く、先ほどの大量の汗に比べるとあまり心配することはありませんが、
これが「この症状は更年期から来ているのか!」と意識しておくことは大切だと思います。

 

 

 

長湯をした後のように頭が熱くなりのぼせる・

のぼせ

のぼせるという症状は、炎天下で活動し熱中症気味になったり、長湯をしていたりすると血管が拡張します。

拡張したままの状態になっていると脳の血液循環がおかしくなり「のぼせ」た状態になります。

 

これは自律神経が正しく働いている証拠なのですが、全く関係のない時に、血管が拡張し、突然のぼせてしまうのが更年期ののぼせです。

 

軽いものでしたら我慢ができますが、ひどいのぼせになると頭痛を伴ったり、吐き気が起こることもあります
また頭がホワーンとしてしまっているので、あまり積極的に動くこともできません。
たるさもあるでしょう。

 

ですが、先ほどの「カァー」と熱くなる症状も同様なのですが、自分の体は明らかにおかしく調子が悪いのに、傍から見るとわからないため「なんだか行動が鈍い。さぼってる。」などと思われてしまうことも。

 

のぼせの継続時間としては熱中症気味の時ののぼせや長湯の時ののぼせに比べると短い時間で収まることが多いでしょう。
5分くらいが多いと思います。ですが中には30分〜1時間くらい続く方もいます。

 

 

ホットフラッシュが起きた時の対処法

ホットフラッシュが起きてしまった時の対処法にはどのようなものがあるでしょうか?
いくつか乗り切る方法があるので紹介します。

 

ホットフラッシュ・突然の汗を抑えるツボ

ホットフラッシュを抑えるにはツボ押しがかなり効果的です。
ホットフラッシュは自律神経の乱れから来ていますので、この乱れを速やかに適正化してくれるツボ、そして湧き出る汗を素早く抑えてくれるツボ、のぼせやほてりに効くツボなどがあります。

 

いくつか覚えておくと必ず役に立ちます。

 

合谷(ごうこく)

更年期の症状以外でもいろいろな状態に効果のあるとても有名なツボです。
止まれない汗を抑えてくれます
押すと痛いので比較的探しやすいと思います。オフィスでもどこでも人目を気にせず押せる場所ですので是非覚えておいてください。

ホットフラッシュにいいツボ

 

百会(ひゃくえ)

こちらもかなり有名なツボです。
頭に起こるいろいろな症状に効いてくれます。
のぼせが起こった時に押してみるとすっきりするのが早くなるでしょう。

百会

 

 

屋翳(おくえい)・大包(だいほう)

屋翳(おくえい)は乳首の3p〜5pくらい上のところにあります。
押すと痛いのでここも探しやすいでしょう。

 

大包(たいほう)は脇の付け根の少し下(3pくらい)にあります。

 

この二つのツボは汗を止めるのに有効なツボです。
特に顔や脇汗などに効果を発揮します。
2、3分ほどじっくり押してみてください。

 

汗を止めるツボ

 

太衝(たいしょう)

足の甲の第2関節の始まりで親指と人差し指の交わるところがこの太衝というツボになります。
押すと痛みがあります。
ここも汗を抑える効果、そして乱れた自律神経を正常化させる効果があります。

 

汗を止めるツボ太衝

 

湧泉(ゆうせん)

足の裏のツボです。
中指の下の方、左右二つ足の裏のふくらみが人の字で交わっている中心点がここになります。
この湧泉も体のいろいろ不調に効果的なツボですが、とくに「のぼせ」「ほてり」に効くと覚えておいてください。
のぼせは上半身に熱が集中しすぎてしまっている状態で、下半身は反対に冷えています。
この足の裏の湧泉を押すと下半身の血行が良くなり、上半身に一時的に集まってしまったものを下半身に送ります。
かなり即効性があるので是非試してみてください。

 

のぼせほてり止めるツボ湧泉

 

素早く汗を抑える、多汗の困った悩みに対応する方法

ホットフラッシュの症状の中でも一番困るのはやはり汗です。
ツボ押しも是非試していただきたいのですが、もっと素早く汗をまずひかせる方法を考えてみましょう。

 

素早く汗を止める方法。どこを冷やす?

クールタオル

汗が噴き出している時は体中がほてってしまっていますが、素早く汗をひかせるには首の後ろを冷やすのが早道です。

この部分を冷やすと体温が下がりやすくなります。

 

熱中症予防として首に巻くひんやりマフラーがかなりブームになりました。
これも同じ原理です。
このようなクールタオルは、目立たないものですから首にずっと巻いておくこともできますし、汗が出た時に使うなら少し大きめのスポーツタイプもあります。
汗を拭くタオルと合わせて常時持っているとかなり重宝します。

クールタオル

首の裏以外では、
脇の下
ひざの裏
太ももの付け根部分
などを冷やすと体温が下がります。

 

体のこの部分はリンパが流れているところです。
なのでこの部分を冷やすと他の部分を冷やすよりもより早く体が冷えてくれるのです。


熱さまシート

クールタオル以外でも状況が許せば冷感シートなどを使うのもいいでしょう。
これを貼ることができればかなり汗が収まるはずです。


脇汗はどう隠す?

女性の場合、ホットフラッシュで脇に汗を大量にかいてしまうのはかなり恥ずかしい気分になってしまいます。
服によってはなかなか汗ジミが消えず困った経験をした人も多いでしょう。
真夏でみんなが汗をかいている時ならまだいいのですが、冬に脇汗が目立ってしまうのはつらいですよね。

脇汗パット

脇汗にはやはり脇汗パットなどを使用するのが一番です。
汗を吸収してくれるのと同時に臭い予防にもなります。

 

いろいろなメーカーが商品を出していますが、だいたい1か月分で1000円前後です。
これだけでもかなり変わりますのでまだ試したことがない方は是非一度試してみてください。


 

脇汗パット大容量

この使い捨ての脇汗パットでは汗が吸収しきれない場合は、より吸収力の高いものをあります。

洗って何度でも使うことができるタイプです。
脇にタオルを常に当てているようなイメージで使うことができます。
使い捨てのものよりはかさばりますし少し面倒もありますが、いざという時には参考にしてみてください。

 

ホットフラッシュの改善法

その場でホットフラッシュを抑えることはできたとしても、根本的にこのホットフラッシュが起きにくくなる、起きても症状を軽くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ホットフラシュは女性ホルモンの急激な低下によってホルモンバランスが崩れてしまったことによって起こります。
ですので他の更年期障害の症状と同様にホルモンのバランスを整えてあげることで改善されます。

 

ホルモン補充療法(HRT)によるホットフラッシュの改善

 

ホルモンのバランスを整えるためには、婦人科でホルモン補充療法(HRT)の治療を行うという方法がひとつあげられます。
ホルモン補充療法(HRT)についてはこちらの記事でさらに詳しく解説していますが(→ホルモン補充療法)、これは減少してしまった女性ホルモン(エストロゲン)を補充していく治療法です。
医療機関での治療ですので確実に女性ホルモンは増えますが、乳がんのなどのリスクがあることも懸念されています。
これには担当医との綿密な治療計画が必要になるでしょう。

 

更年期サプリメントでホットフラッシュを改善

更年期サプリで改善

病院でのホルモン補充療法(HRT)はちょっと怖い・・という場合など、一番手軽に実行できるのは更年期サプリの服用です。
当サイトでは更年期の方には是非更年期サプリを飲んでみて欲しいと思い紹介していますが、
更年期のサプリメントは女性ホルモンと似たような働きをする成分をサプリメントで摂取します。
大豆イソフラボン(エクオール)や高麗人参に含まれるサポニンなどです。

 

これらの成分を摂取することにより、びっくりするほど楽になったという声はたくさん届いています。

 

もちろんサプリメントですから体に害のあるような成分は入っていませんので、病院に通うほどの覚悟もいらず、試すことができると思います。

 

おすすめの更年期サプリメントは当サイトのTOPページでのこちらで紹介しています。
(→おすすめの更年期サプリメント

 

漢方薬でホットフラッシュ改善する

もうひとつは漢方薬による改善法です。
漢方薬も更年期障害とは相性が良く、人気のある治療法です。

 

更年期のホットフラッシュによく使われる漢方薬は、
加味逍遙散(かみしょうようさん)・・・精神的ないらだちをおさえる、のぼせに効果
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・めまいやのぼせなど
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・更年期の全体的な症状

 

などがあります。

 

漢方薬は一般的な薬局でも購入はできますが、自分の症状にぴったりあった漢方薬を選ぶためには漢方の専門店で相談をして購入した方がいいでしょう。
漢方薬も副作用があるような薬ではありませんが、期待する症状と違うタイプのものを選んでしまうと、あまり効果を実感できないと思います。

 

(この点を考えると管理人は女性ホルモンのバランスの改善という目的のしっかりしている更年期サプリの方がおすすめかなと思っています。)

 

 

ホットフラッシュは・・・

管理人

以上が更年期のホットフラッシュについての説明になります。
ホットフラッシュは更年期の代表的な症状です。
実際にこの症状が出たことがない人にとっては「汗くらいいいじゃない」と思う人もいるかもしれません。
でもこれ、本当に大変なのです。
多くの人が真剣に悩んでいる症状です。

 

ぜひ上記のいろいろな対処法や改善法を参考に、頑張って更年期を乗りきしましょう。

 

同じようにホットフラッシュで悩んだ方の体験記も是非参考にしてみてください。