若年性更年期障害とは

MENU

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害

女性が50代の頃に閉経を迎え、女性ホルモンが減少することによって身体に起こる様々な不調は更年期障害と呼ばれています。

 

卵巣機能が弱まってきた「更年期」に発症することが多いので、40代後半から〜60代の女性に起こるのが一般的と考えられていましたが、最近では20代や30代の若い女性にも同様の症状が現れていて「若年性更年期障害」と呼ばれ話題になっています

 

若年性更年期障害の原因

過激なダイエット

更年期障害は年齢の関係で卵巣機能が弱まることによって起きる症状ですが、若年性更年期障害は年齢以外の原因により若いうちから卵巣機能が弱まってしまうことで起きる症状です。

つまり、誰でも起こる症状というわけではなく、病気や疾患と同等のものなので重くとらえるべきです。

 

その原因の多くは、過度のダイエットや、ストレス、不規則な生活であり、身体に負担がかかることで、ホルモンバランスが乱れ、卵巣機能が低下することで発症します。
その結果、生理が止まってしまったり、更年期障害と同様の症状が起きてしまったりするわけです。

 

生理が止まるまではいかなくても、いずれにせよ卵巣機能が低下することはエストロゲンの分泌の低下、そしてホルモンバランスの異常に繋がり、若い女性の場合は不妊の原因にもなることがあります。
また、ホルモンバランスが乱れてしまうような不健康な生活を暮らしていれば、他の病気や障害の危険も潜んでいます。

 

 

若年性更年期障害の症状

症状は基本的には更年期障害と同じで、ホットフラッシュや多汗、頭痛などを感じる人が多いようです。

 

本来は卵巣の機能が弱まる年齢ではないにも関わらず、「数か月も月経が来ない」など過度の生理不順を発端として、一般の更年期障害でいわれるような症状が起こり始めた場合は若年性更年期障害かもしれません。

 

不妊症や月経前症候群(PMS)との関わりも深く、最悪の場合は妊娠できなくなるケースもあります

 

生理のときにかなり重い症状がある人は普段からホルモンバランスが乱れがちになっている可能性もあるので注意が必要です。

 

若年性更年期障害の対策

 

若年性更年期障害の対策とは言っても、一般的な月経前症候群を緩和するための方法がまずは一番です。

 

ホルモンバランスを整えることは病気や不妊の対策のためだけでなく、女性の健康に繋がっています。

  • 規則正しい生活(睡眠と食事)
  • 身体を冷やさないようにする

 

この二つは基本中の基本です。
ですが、気を付けていないと中々実行できないことでもあります。

 

 

また、規則正しい生活をしていても改善しない場合にはすぐに病院に行きましょう。

 

 

生活習慣の改善が若年性更年期障害改善の鍵です

ストレス

若年性更年期障害は危険という話をしましたが、20代は本来ならば正常にエストロゲンが分泌される年代です。
生活習慣を改善したり、ストレスを軽減したりして、卵巣の機能が回復してくれば自然にホルモンバランスも正常化していきます。

 

十分な睡眠やバランスのとれた食事も大切です。
ただし、何年も月経が止まるほど長期間にわたって卵巣機能が低下していたり、ホルモンバランスが崩れていたりした場合には、治療が困難なケースもあります

 

若年性更年期障害でなくとも、他の病気を発症していることもありますので、もしも気になることがあれば早めに医師の診察を受け、治療を始めることが確実です。
更年期障害のサプリメントの中には若年性更年期障害の方にもオススメできるものがあります。

 

当サイトで紹介しているサプリメントの中から自分に合うものを試してみてください。
体を芯から温めてくれる「漢方系」の更年期サプリは特に若い方にもおすすめです。

 

 

 

若いうちは無理をしがちですが、若い時こそ身体を大切にしましょう。
今体を大切にしておかないと、本当の更年期が来た時にはもっともっと辛い症状が出てしまうかもしれません。

 

大切な自分の体をしっかりケアしてあげてください。