更年期障害の続く期間・時期

MENU

更年期障害の続く期間

更年期障害の症状は辛いことが多いですが、その症状は一生続くわけではありません。
ここではでは更年期障害の起こる期間と対策について紹介します。

 

 

更年期障害の起きる期間、時期

更年期の期間

閉経が起きる時期に女性の身体のホルモンバランスは急激に変化します。

その変化に脳が対応できずに起こるのが更年期障害でした。
そのため、ある程度の期間が過ぎて、女性ホルモンが出なくなったということを脳が納得すれば症状は治まっていきます

 

一般的に更年期は閉経の前後5年と言われており、日本人の平均的な閉経時期は50歳頃と言われていますので、「40代後半から50代前半」が更年期障害の期間となります。

 

ただ中には「若年性更年期障害」といって20代から30代で更年期の症状がみられる人もいます。
この場合は年齢によるホルモンバランスの崩れではなく、生活習慣や精神的ストレスによって発症します。

 

 

更年期障害で起こる症状は様々ですが、更年期障害が続く期間も人によって個人差があります。
数か月で症状が治まったという人もいれば、十年以上も悩まされているという人もいます。

 

ですが、当サイトへ寄せられた体験記のお話などからも、平均すると5年間くらいというのが多いようです。

 

 

 

 

更年期の症状には個人差があるとは言っても辛い症状もありますから、それが毎日続くというのはストレスが溜まるものです。
できることなら早く快適な生活を取り戻したいものです。
ホルモンバランスや食生活が乱れていると長引きがちですので、サプリメントなどで適切な対応をしていきましょう。

 

また、更年期障害は歳を取ることで卵巣の機能が弱まることで起きる症状です。
なので、まだ生理が止まっていない、つまり閉経を迎えていないからといって更年期障害が起こらないということではないので理解しておきましょう

 

こちらについてはいろいろな方の実際の体験談(体験記)が参考になります。
いつから更年期が来て、その時閉経はあったのかなど、インタビュー形式で掲載していますので是非参考にしてみてください。

 

みんなの更年期体験記へ

 

 

 

更年期障害が起きたときの対策

更年期障害の症状は頭痛やめまい、ホットフラッシュやイライラなど個人差がありますが、基本的に何かしらの症状が現れるものです。
何の症状も全く起きないという方のほうが稀ですので、何らかの症状が起こるものだと理解しておきましょう。

 

更年期障害を避けることはできないので、症状が出た場合にどのような対策を取るかが重要です。

更年期の期間

更年期障害で病院を受診する場合、女性ホルモンであるエストロゲンを処方されるなど、女性ホルモンを補給する治療を行います。
しかし、更年期障害は閉経によって起こる変化に身体が対応できずに起こる症状ですから、女性ホルモンを補給したところで完治するであったり、早く終わるということはありません。
あくまでこの治療法では医師の診察を定期的に受けることでホルモン剤を処方してもらい、更年期障害の症状を改善することが目的です。

 

他には女性ホルモンと同様の成分を摂取することによる治療や、漢方療法などの方法があります。
更年期障害の症状を緩和することが目的のサプリメントも開発されているので上手く利用して、辛い更年期を乗り越えましょう。

 

当サイトで紹介しているおすすめの更年期サプリもぜひ参考にしてみてください。