更年期のめまい|多くの人が体験!その原因と対処法は?

MENU

この「めまい(眩暈)ってもしかして更年期のせい?

更年期のめまい

「なんだかクラクラする・・・」

 

突然めまいがするようになって、「あれ?寝不足かな?それとも何か病気にかかってしまったのかな・・?」と思ったことはありませんか?
更年期のめまい、これは、更年期の女性はかなり多くの方が経験している症状です。

 

私も「もしかしてこれって更年期?」と思ったのは、実は更年期のめまいからでした。
更年期でめまいが起こるということも知らなかったし、自分が更年期という自覚もなかったので、はじめは「どうしてこんなめまいが起こるんだろう?何かいけない病気なのかな?メニエール病とかになっちゃったのかな?どうしよう・・」とかなり動揺しました。

 

でも、いろいろ更年期のことを調べていくうちに、「あ、これ、典型的な更年期のめまいか!」と安心することができました。

 

ここでは多くの人が悩む更年期のめまいについて解説します。

 

 

更年期でめまいが起こる原因

 

更年期障害とは女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンのバランスが崩れてしまうことから起こります(→更年期障害の原因)。
そしてめまいは目や耳から入る情報を脳がしっかり即座に整理ができないと起こります。

 

血管

更年期の時はホルモンの減少で脳で自律神経のコントロールがしにくくなっているため、このめまいも起きやすくなってしまっているのです。

また同時にホルモンの減少で血管が細くなり、血流が悪くなっていることも作用します。

 

体も老化してくることにより、三半規管でバランスがとりにくくなってしまうことなども原因の一つです。
(若い頃は車酔いなどをしなかったのに40代以降になって車酔いがひどくなったという人も多くいますよね。)

 

そしてさらにストレスの悪化なども原因になるといえるでしょう。

 

更年期のめまいの症状

更年期のめまいには大きくは3つの種類があります。

 

回転性のめまい
自分や空間が回転しているようなめまいです。
いわゆる天井が回っているような状態。
ひどい場合は吐き気などが出る場合もあります。
30秒くらいで治まることが多いので気のせいだと思いがち。

 

浮動性のめまい
ふわふわっと浮いているような感覚になるめまいです。
船の上で揺れている感覚や雲の上を歩いてるような感じ。
バランス感覚がなくなっているように感じます。
疲れや睡眠不足からくることも。

 

立ちくらみ
クラッするいわゆる立ちくらみです。
貧血のような症状。
低血圧の方は特になりやすい傾向。
重症だと意識を失って倒れてしまうこともあるので要注意。

 

 

以上のようなめまいがあります。

 

私の更年期のめまいは

一般的には更年期のめまいは浮動性のめまいが多いようですが、私の場合は回転性のめまいでした。

いきなりクラクラっと来て焦点が合わなくなり、目が回り気持ちが悪くなるといった症状です。
30秒くらいで終わることもありますが3分から5分くらい続くこともありました。

 

更年期のめまいが起きた時の対処法

 

更年期でめまいが起きた時は、まず目などから入る情報を遮断しましょう
目を開けているとさらにクラクラとめまいが続きます。
まず目をつむり、動かず、しゃがみこんで体を安定させましょう。

 

自宅などで横になれるならそのまま横になった方がいいでしょう。
目をつむって横になるとかなり楽ですし、クラクラも早く消えてくれます。

 

無理をしてそのまま立っているとめまいが止まらず、頭痛、吐き気なども出てくることも。
そしてパタンと倒れてしまってけがをすることもあります。

 

絶対に無理をしないでめまいがが早く去るのを待つ方のが一番です。

 

更年期のめまいは比較的持続時間は短く、個人差はありますが30秒から1分くらいで治ることが多いです。
ですのでじっとじっとめまいが去るのを待つのがおすすめです。

 

私の更年期のめまいは

私の場合は、いきなり前触れもなく、突然にめまいが起こることが多かったのですが、やはり急に立ち上がったり体制を変えたりした時が起こりやすい気がします。

時間としては30秒くらいのこともありますし、5分くらい続くことも。
かなり目が回って気持ちが悪くなり吐き気がする時もありました。
乗り物酔いのように胃が気持ち悪くなることも。
更年期のめまいだとわかってからはこの症状が出た時は、まず目をつむり横になるようにしました。頭を安定させるために。
この方法をとってからはかなり楽になりめまいも早めに収まるようになり、吐き気までいくようなこともなくなりました。

 

 

日常生活で更年期のめまいを改善するには

 

日常生活で更年期のめまいを改善するには、やはりたっぷりの栄養と休息と、ストレスを溜めないことでしょう。
食生活などの見直しと共に、有効な成分をサプリメントで補給していくのがいいでしょう。

 

めまいには神経を正常に保つ働きのあるビタミンB12が特に有効だと言われています。

 

ビタミンB12が摂れる更年期サプリ→白井田七

 

また、ビタミンB1、ビタミンC、亜鉛、鉄分なども有効です。

 

 

そして更年期のホルモンのバランスを調整することでもかなりめまいは改善されます。
これにはエクオール(大豆イソフラボン)がやはり最適です。

 

 

 

 

 

迷った時は早めに受診をしましょう

めまいの病気

「更年期のめまいなら大丈夫かな?」

と思っても、実は違う大きな病気が隠されていることもあります。

 

めまいが起こる病気には以下のようなものがあります。

 

気になる病気 原因と症状
メニエール病 強い回転性のめまいが起こる。耳鳴りなども。ストレスが原因で発症することが多い。めまいの代表的な病気。
脳卒中 30秒ほどで収まることが多いので気づかれにくい。頭痛や手の痺れなどが起こることも。脳に血液を送る動脈の血流が悪くなることが原因。
突発性難聴 めまいは軽度だが突然ひどい難聴に。ストレスなどが原因。(芸能人の発症で良く耳にする病気)
前庭神経炎 風邪などウイルスが原因で発症。かなり強い回転性のめまいが起こる。3週間くらいで治まるが、その期間は歩けないことも。
良性頭位変換性めまい BPPVと呼ばれるめまい。ストレスや睡眠不足などから起きる一般的なめまい。時間ともに改善する。

 

最後の良性頭位変換性めまいはあまり心配することはありませんが、それ以外の疾患はかなり恐ろしい病気です。
命にかかわることもあります。

 

更年期のめまいかな?と思っても、何か気になる場合は婦人科を受診してみましょう。
ここで更年期の診断が出なければ、めまいの原因を突き止めるために専門医を紹介してくれるはずです。

 

更年期のめまいは・・・

更年期のサプリで

以上、更年期のめまいについて解説してきましたが、更年期が原因だとわかれば対処法はあります。

またクラクラとしてきても、「あ、いつものだな」と思えば焦ることもなくなるでしょう。

 

更年期の症状はその時だけのものです。
時間が過ぎれば必ず回復します。

 

我慢もいいですが、一生続くものではないですから、その時期をわざわざ不快に過ごすことはないと思うのです。
めまいも更年期のサプリでかなり改善されます(私もそうです)。

 

ぜひ、ご自身のお体の為に無理をしないで過ごしてください。

 

 

更年期のその他の症状はこちら→更年期の症状