更年期障害の症状

MENU

更年期障害の症状って?

更年期の症状

更年期障害の症状は、人によってかなり違いがあります。

 

頭痛だけが激しい人もいれば、「イライラすることが増えた」「些細なことが気になる」というように精神的な不調が出てくる人もいます。
また、複数の症状が同時に現れることも少なくありません。

 

そしてその症状の重さも人それぞれで全く変わらないような方もいますし、寝込んで動けなくなるような方もいます。

 

はっきりとした症状がわかりにくいために風邪や気分のせいにしがちで、自覚しないまま、あるいは理解されないまま辛い日々を過ごしてしまう人が多いのも現状です。
反対に更年期の症状だと思い込んでいても、実はもっと重い別の病気が隠れている場合もあります。

 

ここでは更年期に起こる主な様々な症状について解説します。

 

 

代表的な更年期の症状

更年期の症状は体の様々なところで起きます。
系列としてまとめたのが以下の表です。

 

系列 主な症状
血管運動神経系 ホットフラッシュ、のぼせ、ほてり、発汗、多汗、動悸、息切れ、胸の痛み、冷え、むくみ
精神神経系  めまい、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛、うつ状態(更年期のうつ)、イライラ、不安感、不眠、集中力低下、喪失感
皮膚・分泌系 皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ、しわ、肌荒れ、ドライマウス、のどの渇き、ドライアイ
運動器官系 疲労感、肩こり、骨が脆くなる(骨粗鬆症)、関節痛、腰痛、背中痛
消化器官系 食欲不振、便秘、下痢、腹部の満腹感、胃もたれ、吐き気、胸やけ
泌尿器系 頻尿、残尿感、尿もれ、尿失禁、排尿痛、陰部のかゆみ
生殖器系 月経異常、不正出血、性欲低下、性交痛

 

 

と、これを見ると、今自分の体に起こっている様々なことが、実は更年期の症状の一環だったのか・・・というのが良くわかると思います。

 

それぞれの症状については詳しく別ページでの解説していますが、まずはいくつか代表的なものについて紹介します。

冬でも汗が?!更年期の特徴、ホットフラッシュの症状

ホットフラッシュ

更年期障害の症状の中でも、最も特徴的で有名な症状は「ホットフラッシュ(hotflash)」です。

これは一過性の熱感や顔面潮紅を指す言葉で、のぼせやほてりの一種です。

 

特に暑い部屋にいるわけでもないのに顔がほてったり、のぼせたような症状が起きたり、冬なのに汗をかくなどの症状が見られたらホットフラッシュ、あるいは更年期障害が始まったと考えて良いでしょう。
そのくらい特徴的な症状です。
しかし、特徴的とは言ったもののホットフラッシュの症状にも個人差があり、体全体が熱く感じて体中汗でびっしょりになる人や、顔や頭だけ熱くなる人など、熱くなる場所や度合いもまちまちです。
一日中熱く感じることもあれば、ふとした拍子にホットフラッシュが起こることもあります。

 

暑いからといって冬なのに冷房をかけたり、頭だけが熱いと感じて身体も冷やしてしまったりすると免疫力が下がってしまうので注意が必要です。

 

ホットフラッシュは更年期によるホルモンバランスが原因で、ストレスなどにより症状が起こりやすくなると言われています。
そのためにホットフラッシュには明確な対処法がなく、更年期障害そのものを緩和するか、リラックスして過ごすことが大切です。
のぼせてしまうことで口やのどが渇いてしまう、普段よりも水分を摂取することでお腹が冷えてしまう、または飲みすぎになる、などなどの副症状もあります。
他の症状も併発してしまうと心身ともに休まる暇がありませんので、少しでも和らげたいところです。

 

更年期障害の辛くて長い症状、頭痛やめまい

めまい更年期障害

更年期障害の症状で多くみられるのが頭痛です。

ホットフラッシュによる頭痛や、頭痛によってストレスがたまりホットフラッシュが起こることもあります。
更年期障害の頭痛も個人差があり、弱い痛みが長引く人や何かの拍子に大きな頭痛が起きる人など様々です。
ただ、弱い痛みが続く人はいつも通りの生活を送るのも嫌になりますし、急に頭痛が来て仕事が進まなくなるのも辛いですよね。
個人差はあれど、頭痛に共通しているのは日々の生活が億劫になるということです。
それが数か月、長い人は数年間も続くわけですから、精神的なストレスも溜まり、別の症状が起こるのも仕方がないです。

 

頭痛は脳に何らかの負担がかかっている証拠とも取れますが、その影響かめまいや立ち眩みが起こる人もいます。
立ち上がった拍子に立ち眩みが起きて倒れて怪我をしてしまったり、朝中々起き上がれないなどの症状があります。
関連する症状として耳鳴りなどもあります。

 

更年期のめまいについてはこちらでさらに解説しています→更年期のめまい

 

一つ一つの日常的な動作を送ることに負担やストレスが募りますから、パートナーや家庭内での理解がなければ辛いこともあるでしょう。早めに医師やパートナーに相談し、理解してもらうことが更年期障害の一番の対策です。

 

皮膚・分泌系としてはこんな症状も

皮膚の乾燥

皮膚や分泌系としてもいろいろな症状が起きます。

 

皮膚の乾燥。
これも更年期の特徴のひとつです。
もちろん年齢的なこともありますが、更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンが減少するために肌のハリや弾力を守るコラーゲンが一気に減ってしまいます。
これによって水分が肌で保てなくなり、肌が乾燥してきます。
肌が乾燥すればしわなどがひどくなりますし、かゆみなどが出てくることもあるでしょう。
更年期に入ったら今まで以上に肌の保湿を心掛けるようにしたいものです。

 

喉がとても渇くというのも更年期の特徴です。

更年期の喉の渇きについてはこちらで詳しく解説しています→更年期の喉の渇き

 

眼の渇き(ドライアイ)なども更年期でひどくなると言われています。
なんとなく見逃している日常の体の変化にも更年期の影響が出ていることが多いのです。

 

 

更年期のイライラは夫が原因?!うつになりかねない更年期に注意

更年期のイライラ

ホルモンバランスが乱れると精神的にも問題が起こります。

ホルモンバランスは血液の状態や身体全体の調子と関わっており、それが乱れることにより体調が変わり、脳が十分なパフォーマンスを発揮することができません。
更年期の焦りやイライラが起こります

 

更に、頭痛やホットフラッシュが続くとストレスが溜まります。
ストレスが溜まることで自律神経が乱れ、体がなんとなくダルく感じたり肩こりが続いたりします。
物忘れが増えたなどという症状もあり、ひとつひとつの症状はちょっとした不調として見過ごしてしまいがちです。

 

その結果、自分でも原因がわからずに余計イライラが募り、周囲からは症状がわかりにくいので理解されず、ダラダラしているなどと言われてしまいます。
うつ病などと誤解されることもありますが、理解されないことで精神的負担が強くなり、本当にうつになってしまう方もいるそうです。

 

更年期のイライラなのか抑うつ障害なのか、判別できないことで症状がより深刻化する可能性もありますのでパートナーの方は注意深く対応してあげてほしいものです。
ストレスで不眠などの症状になってしまっては、自律神経やホルモンバランスは悪化していく一方です。

 

しかし、更年期障害は早めにパートナーや医師に相談することが一番の対策ではありますが、更年期障害自体に自覚症状が少ないこともあり、既に辛い思いをしている方が多いのではないでしょうか。
定期的な診察が難しいという方や、少しでも症状を緩和したいという方はサプリメントを使うことも一つの対策として考えられるでしょう

 

サプリメントの中には精神的な不調に特化しているもの、更年期の様々な症状に対応しているもの、などそれぞれのコンセプトで開発されているものがあります。
当サイトでも多くの方に評判が高く安心なで効果的な厳選されたサプリメントを紹介していますので、是非参考にして自分にあったサプリメントを試してみてください。

 

 

 

更年期は我慢は禁物です

 

更年期サプリメント

「誰でもなっている更年期障害だから…」
「自分だけ薬に頼るなんて甘えているのでは…」
などと考えて我慢することが一番危険です。
辛いときには病院で相談してみましょう。

 

また当サイトで紹介している更年期サプリは更年期の様々な症状の緩和に適しています。
びっくりするくらい改善に向かう人も多いので是非一度試してみてください。