若年性更年期障害とは

MENU

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害

女性が50代の頃に閉経を迎え、女性ホルモンが減少することによって身体に起こる様々な不調は更年期障害と呼ばれています。

 

卵巣機能が弱まってきた「更年期」に発症することが多いので、40代後半から〜60代の女性に起こるのが一般的と考えられていましたが、最近では20代や30代の若い年齢の女性にも同様の症状が現れていて「若年性更年期障害」と呼ばれ話題になっています。

 

この若年性更年期障害とはいったいどういったものなのでしょうか?
一般的な加齢による更年期との違いは?

 

ここでは若年性更年期障害の原因や症状、改善法などについて解説していきます。

 

若年性更年期障害とプレ更年期って違うの?

 

若年性更年期障害の説明に前に、プレ更年期という言葉は聞いたことがあるでしょうか?
この2つはかなり混同されて使われることが多いようですが、実際には別のものです。
プレ更年期とは更年期の少し前に更年期のような症状が起きてしまうこと。
更年期は閉経の前後、閉経が50歳だとすると、45歳から55歳くらいの時期に起こりますが、これより少し早く30代後半から45歳までくらいに起きてしまう更年期のような症状をプレ更年期と呼びます。

 

これに対し若年性更年期障害は20代でも起こります。
更年期の前というわけではなく、もっと若い年齢でも発症する可能性があるのが若年性更年期障害です。

 

 

若年性更年期障害の原因

生理不順に注意

更年期障害は加齢により女性ホルモンが減少し卵巣機能が弱まることによって起きる症状ですが、若年性更年期障害はまだ年齢的には問題はないはずなのに、それ以外の原因により若いうちから女性ホルモンが減少してしまい卵巣機能が弱まってしまうことで起きる症状です。

 

つまり、誰でも起こる症状というわけではなく、病気や疾患と同等のものなので重くとらえるべきです。

 

はっきりとした原因はまだ研究中のようですが、その原因の多くは、過度のダイエットや、大きなストレス、不規則な生活であり、身体に負担がかかることで、ホルモンバランスが乱れることが原因だと言われています。
そしてその結果、生理が止まってしまったり、更年期障害と同様の症状が起きてしまったりするわけです。

 

また近年では初潮の年齢が年々低下しています。
女性が一生のうちに排卵する卵子の数はある程度決まっています。
ですので早くから生理が始まる兆候にある現代では昔の女性よりも早く閉経に向かってしまうということもあるようです。

 

若年性更年期障害になりやすい人

誰にでも起こる可能性のある若年性更年期障害ですが、その中でも特に注意した方がいいのは次のような方です。

 

過度なダイエットの経験のある人

過度なダイエット

若年性更年期障害の原因のひとつとして一番にあげられるのはこの過度なダイエットです。
健康的にゆっくりと時間をかけて痩せるダイエットであればいいのですが、短期間に一気に痩せるようなダイエットは体に相当の負担がかかります。
例えばファスティングダイエットと呼ばれる断食のようなダイエット。
これも正しいやり方はあるようですが、あまりに一気に行いすぎて生理が止まってしまうようなダイエットをしまった経験のある人は要注意です。
その時はあまり感じなくても、あとあと体に後遺症があらわれ、こういった若年性更年期障害などにつながることが多いようです。

 

太る過ぎている人

 

反対に太りすぎている方も注意が必要です。
理想体重を大幅に上回る体重でずっと過ごしてきた方は、生理不順などホルモンのバランスが乱れた経験はないでしょうか?
このような方も若年性更年期障害になる可能性が強い方です。

 

過激な運動をしすぎた方

過度な運動

一般的な運動はもちろん体にいいことばかりですが、スポーツ選手などずっと過酷な練習などを積み重ねてきたアスリートもこの若年性更年期障害になる方が多いそうです。
健康的な範囲の運動ではなく、長年に渡り過度に体を酷使してしまうとやはり体に無理が蓄積され、あとあと正常なホルモンのバランスを保てなくなることがあります。
アスリートではなくても、少し無理をしすぎているような運動を続けている方は少し注意が必要です。

 

喫煙する人

 

喫煙をしている方も若年性更年期障害が出やすい傾向にあります。
喫煙は血の巡りも悪くなるため、どうしてもホルモンのバランスが乱れやすくなります。
禁煙は無理だとしても本数を減らしたり、できるだけ軽いタバコに変えるなどの努力をしていきたいものです。

 

過度のストレスを抱えている人

 

ストレス

大きなストレスは自律神経を乱します。

ストレスが原因で生理が来なくなてしまったという方もとても多くいます。
昔に比べて女性も外で働くことが増え、仕事・家庭・子育てと、ストレスの起こる原因はとても多くなっています。
少しくらいのストレスなら我慢できても、悩みが深く眠れないような日々が続けば当然ホルモンのバランスは大きく乱れます。
簡単にはいきませんができるだけ気持ちを軽く明るくして過ごしたいものです。

 

生活リズムが乱れている人

 

若年性更年期障害だけではなくどんな病気にもつながることですが、生活習慣の乱れは確実に健康を害します。
しっかりした睡眠、栄養の偏らない食事などを心がけていきたいきたいものです。
若年性更年期障害の場合は、もっと若い時の無理がここで出てくる方も多いのです。
20代前半などにあまり寝ないような生活をしていた方はより注意が必要です。

 

 

生理が止まるまではいかなくても、いずれにせよ卵巣機能が低下することはエストロゲンの分泌の低下、そしてホルモンバランスの異常に繋がり、若い女性の場合は不妊の原因にもなることがあります。
また、ホルモンバランスが乱れてしまうような不健康な生活を暮らしていれば、他の病気や障害の危険も潜んでいます。

 

上記のような習慣がある方は「まだ若いから少しくらい不摂生しても大丈夫!」などと考えずに、生活習慣の見直しをしていくべきでしょう。

 

若年性更年期障害の症状

 

若年性更年期障害の症状も加齢による更年期障害の症状とほぼ同じです。

 

血管運動神経系では、ホットフラッシュ、のぼせ、ほてり、多汗、息切れ、動悸など。
精神神経系では、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、うつ状態、イライラ、不眠など。

 

また冷え、むくみ、ドライマウスやドライアイ、疲労感、肩こりなどもいろいろな症状が起こります。

 

※詳しくは→更年期障害の症状

 

深刻な更年期障害に

そして若年性更年期障害の症状の中で特に注意しなくてはならないのは「月経不順」です。

加齢による更年期の場合は生理不順になっても、それは年齢的に閉経に向かっているので仕方がないことだと言えますが、若年性更年期障害の年齢では本来でしたらまだ生理が普通に来る年齢です。
その年で生理が不順になってしまうと、妊娠ができない可能性が高まります
もしまだ出産の計画がある方の場合はとても深刻な問題になります。

 

また出産の計画はない方の場合でも、若年性更年期障害は女性の体に不利なことばかりです。

 

というのも本来女性の体は女性ホルモンによって男性の体よりもずっと丈夫に作られているといいます。
「生んで育てる」という生物学的な役割からも女性の体は男性よりも優遇されているのです。
その魔法のホルモンともいえる女性ホルモンが、適齢(本来閉経する年齢)よりもずっと前に減少してしまっているということは・・・体の老化・劣化が著しく早まるといううことになります。

 

健康面だけではなく、しわ、シミ、薄毛、白髪などの老化現象がどんどん早く来てしまうこともあるのです。

 

若年性更年期障害とPMSとの違い

 

若年性更年期障害とよく似た症状の病気として「PMS(月経前症候群)」というものがあります。
このPMSとはPremenstrual Syndromeの略で、生理が始まる約2週間くらい前から体に起こる様々な不調のことです。
生理が始まると軽くなり自然に消えたりします。
名前の通り「生理前に体に不調が起こる」症状です。

 

このPMSも不眠、頭痛、むくみ、イライラ、うつなど身体面と精神面の両方に様々な症状を引き起こします、
そして更年期の症状に近いものが多く、よく混同されることがあります。

 

ただ、若年性更年期障害で起こりやすいホットフラッシュやのぼせなどの症状はありません。

 

またPMSは生理前に起こりますが、若年性更年期障害は生理の周期は関係がなく起こります
ここが大きな違いです。

基礎体温をつけよう

間違われやすい2つの病気ですので気になる方は基礎体温をつけてその症状が黄体期(基礎体温が高い高温相)の時期に症状が出ているかどうかを確認してみるとわかりやすいと思います。

 

このようにPMSと若年性更年期障害は別の病気ですが、PMSが起こりやすい方は若年性更年期障害にもなりやすいとも言われています。
ホルモンが乱れやすい体質としては似ているからです。
PMSという自覚はなくても、「生理前にとても辛かった」という経験の多くある人はより一層注意が必要です。

 

若年性更年期障害の改善の対策

 

若年性更年期障害の改善のための対策、治療法は基本的には加齢による更年期障害の対策と同じです。

 

病院で治療する場合は?

婦人科を受診

病院で治療する場合は更年期障害と同じく婦人科を受診することになります。
こちらで更年期の検査等を行い必要ならホルモン補充療法(HRT)などの治療を行っていきます。
ただし、ホルモン補充療法は日本ではまだ副作用の懸念などもありあまり広まっていません。
もしこの治療を受けたい場合はしっかりと担当医とカウンセリングを行ってから始めた方がいいでしょう。

 

ホルモン補充療法についてはこちらで詳しく解説しています
ホルモン補充療法(HRT)ってどんな治療法なの?その副作用や効果は?

 

漢方薬で治療

 

漢方薬

更年期障害と同様に漢方薬で改善する方法もあります。

いわゆる漢方の三大婦人薬と言われる「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などが有効でしょう。
一般的なドラッグストアでも購入できますが、専門的な漢方薬店で相談して購入するとより体にあったものを紹介してもらえます。
また漢方に詳しい婦人科もありますのでそちらで相談してみてもいいでしょう。

 

更年期のサプリで対策

更年期のサプリメント

若年性更年期障害は基本的には加齢による更年期と同じですので、更年期サプリも有効です。
女性ホルモンの代わりをしてくれる大豆イソフラボン系のサプリ、自律神経の乱れを直接サポートする高麗人参のサポニン系のサプリなどがあります。
どちらかよりぴったりくるものを飲んでみるといいでしょう。

 

 

 

市販薬で改善

命の母

また更年期サポートの市販薬も同様の効果があると考えていいでしょう。
有名な命の母、タケダのルビーナなどが市販薬としては人気があります。
一般的な薬局で購入できます。

 

 

 

改善法はあるけれど・・・

 

生活の改善と婦人科を受診しましょう

以上のように若年性更年期障害も改善法はありますが、一番は生活習慣の見直しです。

しっかりした睡眠、食事、ストレスの軽減・・・これに勝る改善法はないと思います。
反対にどんな治療をしてみてもここが乱れていては改善はなかなか見込めないとも言えます。

 

まずはここを見直してみましょう。

 

 

また生理が止まるなどの症状がすでに出てしまっている方は、少しでも早く婦人科を受診することをおすすめします。
それが若年性更年期障害の症状なのか、その他の何か別の疾患なのかもしっかり確認するべきです。

 

ここで無理をしてしまうと、体に大きな負担がかかり、本当の更年期が訪れた時にもっともっと辛い症状になってしまうことも十分に考えられます。

 

 

閉経の年齢は45歳から55歳が一般的です。
(※閉経はいつから?その年齢、兆候や前兆、閉経後の女性の体と更年期
これより前に早期閉経を迎えないためにも是非自分の体をしっかりいたわってあげてください。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加