更年期体験記|イライラがひどく性格が変わったようになりました

MENU

【更年期体験記】さちこさん(仮名)57歳の場合

管理人

 

更年期かな?と思いはじめたのは何歳くらいの時からですか?


さちこさん

 

50歳の頃です。


 

 

管理人

 

何歳くらいまで何年間続きましたか?


さちこさん

 

55歳までの約5年間続きました。


 

 

管理人

 

主に感じた症状はどんなものでしたか?


 

さちこさん

 

最初に感じ意識し始めたのはイライラでその後ホットフラッシュに苦労しました。


 

管理人

 

その時期に閉経は経験しましたか?


 

さちこさん

 

閉経は51歳くらいだったと記憶しています。閉経の数年前から生理不順で軽い時もあれば重くて辛いこともありました。


 

35歳から更年期の症状が。若年性更年期障害?プレ更年期?

 

それでは実際にどんな感じだったかをお願いします。


 

のんびりしている性格だったのに性格が変わったようにイライラしていました

 

もともとのんびりとしているタイプの性格でまったく短気でもないのでイライラしたりすることは少ないタイプだと思うのですが、
いつからかは定かではありませんがある時から少しのことでも凄くイライラしたりするようになりました。

 

言いたいことが言える家族、とくに母親にはまるで当たっていくようにキツイ話し方としたりすることもありましたし、
イライラすることがしょっちゅうだと友人や周りの人との会話にもストレスに感じるようになり、
誰かに会うとか人と会話をするということが、とても苦痛に感じてしまい人を避けるような行動をすることもあったかと思います。

 

自分では更年期の症状とは考えていなかったのですが、普段とは違うものの言い方をしたり、イライラする私をみて更年期ではないかと最初に疑ったのは実家の母でした。
母も同じような経験をしていたようで、そういう時期なんだとすぐに察したようです。

 

婦人科を受診することも考えましたが、特に医者に行くようなことはせず、ひとりでのんびり過ごしたり、趣味の時間をなるべく持つようにしてイライラすることが少ないように心がけて生活を続けていました。
受診が良いのかどうかは、その人の感じ方次第なのかも知れません。
私はイソフラボンなどの更年期用のサプリメントを飲んで過ごしました。

 

そのうちにホットフラッシュがひどくなりました

 

そんな生活を続けていると最初はイライラするだけのようだった症状だったのに、そのうちにひどく汗をかくようになり、外出するのが億劫になってしまいました。
その時は何とも憂鬱な気持ちになったことを覚えています。

 

自分のやりたい事がやりたいように出来ないというのは、私本人にとって一番イライラすることなのかも知れません。

 

家にいる時はまだマシなのですが、困ったのは外出する時です。
冬の寒い時期なのに寒さよりも暑さを感じて汗をかいていると見ず知らずの他人にまで自分が更年期であると伝えて歩いているような気持ちになってしまい、なんとも言えない嫌な気持ちになりました。

 

真冬でも半袖の洋服でとりあえず見た目があるのでその上にコートを羽織って出掛けるような日々が続きました。
少し長い時間の外出の場合は着替えの洋服を持ち歩くことも勿論かかさずにしていたので荷物も大きくなり、ますます外出が億劫になったことも覚えています。

 

今にして思うと、人に会いたくないとか考えることで自分を縛ってしまい余計に辛い心境になっていたのかも知れません。
正直に更年期の症状で苦しんでいると周りの友人などにも軽く話しをして伝えることが出来たら、自分の気持ちも少し楽になって更年期の時期を少しはラクに過ごせたのかも知れません。
でもその時には気がつくことが出来ず、ただひたすら更年期の症状がなくなることばかり毎日願って過ごしていたしんどい時期でした。

 

産婦人科を受診するのが良いのか、イソフラボンなど更年期の症状に効果がある物を日々食事に取り入れて生活をして行くのが良いのかは分りません。
が、とりあえず辛い時期を無事に乗り超えることが出来たので、この先も食生活などには気を配っていこうと考えています。

 

 


以上がさちこさんの体験記でした。

 

さちこさんはもともとのんびりとしたお大らかな性格でいらしたのに、更年期が来てからはイライラすることが多く、性格まで変わってしまっていたそうです。
お母様が気が付いてくれてよかったですよね。

 

更年期にイライラがひどく攻撃的な性格になり周りの方が離れてしまうというケースも良くあります。
家族の場合はイライラが収まればまた同じように接してくれると思いますが、会社の同僚や友人などの場合は拗らせるとそのままということも。
これも更年期に気がつけば自分である程度「気を付けよう。また出てしまった。」と意識してイライラを抑えることもできます。

 

さちこさんも更年期を認めることである程度抑えることができるようになり良かったですよね。

 

もう一つの困った症状はホットフラッシュ
ホットフラッシュは更年期の典型的な症状です。

 

自分が意識していなくてもどんどん汗が出てしまう。
周りにも「どうしてあの人あんなに汗をかいているの?更年期なのかな?」などと思われるのはやっぱり女性としては恥ずかしいものです。

 

ただホットフラッシュが気になりすぎて外出ができないというのはますますのストレスになります。

 

汗の対策・対処方もありますので、前向きにしたいものですね。

 

 

さちこさんは婦人科は受診せず、イソフラボンのサプリメントなどを飲んで過ごしたそうです。
大豆イソフラボン系のサプリは更年期の代表的なサプリメントの一つです。

 

約5年ほどで更年期を終えたさちこさん。
おめでとうございます。
これからは是非いままで我慢していたことも解禁にしていろいろ楽しんで過ごしていってくださいね。

 

 

 

 

 

おすすめ更年期サプリメントへ


 このエントリーをはてなブックマークに追加